ジョギングのすゝめ がらくた部屋

がらくた部屋 Top > スポンサー広告 > ジョギングのすゝめがらくた部屋 Top > その他 > ジョギングのすゝめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)_--:-- スポンサー広告

ジョギングのすゝめ

ここ2ヶ月くらい、毎朝4時ちょっと前に起きて運動している。
と言っても、1時間弱くらいジョギングして、家に帰って20分くらい筋トレとストレッチをするだけなんだけども…
それでも割と効果は大きくて、もう5kgは体重を落とせた。
すげぇ効果。
元々身長の割に体重はそうでもない体型だったのが、運動しなくなってちょっとデブってたわけで…
そう考えると痩せたっつーより元に戻っただけな気はする。

体重的にはそんな効果が上がってるし、他にも色々と良い効力が出ている。
日中、眠くなる事はなくなったし、
酒を飲む量は減ったし、
集中力は上がったし、
寝る時は熟睡出来ている感覚があるし、
何より今まで1日がただただ早く過ぎていく感覚だけだったのに、
今は1日を振り返ると、「早いのは早いけど充実してるなぁ」と言う感覚になった。
マジでジョギング半端ねぇ。

筋トレは正直そこまで効力は出てない気もする。
まぁあんまり肉食わないしな…プロテインも飲んでないし。
腹筋はまぁまぁついてるけど腕は全然。
ストレッチはやってる時間が短い事もあって、体を軟らかくするには至ってない。
整理運動には丁度いいし、ストレッチしてると眠気と運動の疲れでボヤけた頭がすっきりするようですげぇ良い。
ここからは厨二みたいな文章なんでオリタタミ。

こうやって自分の時間を多めに取るようになると、月に180時間働いて残業+休日出勤とかアホみたく思えてくるから困る。
良く言われるけど、日本は雇用を効率化し過ぎなんだなぁと思う。
確かに経営やら商業ベースで考えれば、雇用を削って1人当たりの勤務を限界まで増やした方が良い。
そうやって行くから「日本には過労死するほど仕事があって、自殺するほど仕事がない」なんてスレが某所に立つわけだ。
もう正にその通りだよ。
1人当たりの給料と勤務時間を月20万/120時間くらいまで減らして、雇用を倍にすりゃ良い話。
つーか私がそういう仕事に就きたいだけってのはあるんだけどw
雇用問題だって解決されるし良いんじゃないと思うわけですよ。

突き詰めるといつだって「仕事の為に生きたくねぇわ」ってとこに行きついてしまう私の思考。
でも日本人って見栄っぱりだからな…
世間のミナサマガタは幸せっつーのが相対的にしか測れないもんだから、とことん金を稼ごうとするわけでね。
別に幸せに限った事じゃなくて、時間だろうが長さだろうが重さだろうが、
自分らで決めた杓子定規を使って「どれよりどうでどれと同じか」という観点でしか物事を見れない悲しさだなぁと思っちゃうよね。
あれ、私今良い事言った?
閑話休題。
とどのつまり、イイトコの大学を出てイイトコの会社に勤めて金儲けして、
家庭を築いて次代を残して死ぬっつーのが私には向いてねぇんだなと思うわけだ。
でもそれって別に私に限った事じゃなくて、
残念なんだか悲しい事なんだかはわからないけど、向いてないけどそういう生き方をしてる人って多いんじゃねぇの。
仕事で心の風邪をひいちゃって、挫けちゃったり自殺しちゃったりっつーニュースを聞くたびにそう考える。
金を稼いで仕事を辞めてまた金がなくなったら働くというのは甘えでわがままだなぁとは私も思う。
そこまで極端なんじゃなくて、自分の時間をちゃんと取れるくらいの仕事量にしないとダメだ、人として国として。
資本主義なんだからどこか一つが雇用の効率化をし始めるとどんどん波及する。
だから止めろっつーんでもないけど、少なくとも日本人はそれをしちゃダメな人種だと思う。
もう書いた事だけど、見栄っぱり過ぎんだってw
今この不況のご時世、どこの国も変わらないのかなとも思うけど、日本は不況だろうが好景気だろうが変わらないね、間違いなく。

アレ、何の話してたんだっけ。
そうそう、「私はメンタルが弱くて仕事が出来ないからそれなりの収入でそれなりの仕事な職業に就きたいです」って話だっけ。
まぁ間違いなくさ、こういう話をするとそう言われると思うんだよね。
人から見ればそう映るんだろうなぁと言うトコまで予想出来るくらいの頭はあるのよ、おバカな私でも。
結局上を見ちゃ嫉妬して下を見ちゃバカにしてなんて子供みたいな思考が抜けないのが悲しいところだぁね。

とはいえね、幸せは絶対的なもんとか甘えた事ぬかすほどじゃないのよ、おバカな私でも。
コレももう書いた事だけど、人間なんて相対的にしか測れないもんだし、
こういう場合話に出てくる幸せってとどのつまり「優越感」なわけじゃない。
「幸せ」にカテゴライズされるもんが全部そうとは言わないけど、こういう場合は絶対そうだよね。
優越感ってもう疑うべくもなく相対的なもんだから、「俺は貧乏だけど幸せ!」なんてのは現実逃避にしか見えないわけよ。
つーか実際、自分だって褒められる幸せだと思ってないから「~だけど」ってつけるわけじゃん?
もうそんな注釈付けるなら黙って幸せ噛みしめておけばいいのに、言っちゃう辺り劣等感から出てるわけで。


最初ジョギングの話してたのに、すげぇ方向に話がそれたなぁw
以上!
2011/07/15(金)_19:22 その他 Comment(0) Trackback(0)

Comment Post














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。