ウヰスキーのすゝめ がらくた部屋

がらくた部屋 Top > スポンサー広告 > ウヰスキーのすゝめがらくた部屋 Top > その他 > ウヰスキーのすゝめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)_--:-- スポンサー広告

ウヰスキーのすゝめ

蒸留酒っていうと色々ありますね。
居酒屋で良く見かけるジンやラム酒や焼酎、好きな人は好きなウォッカやブランデー。
そんな中で私が宅飲みの相棒として重きを置くのがなんと言ってもウィスキー。
何といってもその香り、そして飲んだ時の滑らかな喉越しと爽やかでありながら厚い味わいがおススメ。

とは言え割と高めな度数を誇るので、
割ってもやっぱり飲みなれてない方だったりあんまりお酒に強くない方にはちょっとキツい。
そこで今日はウィスキー布教と言う事で、おススメなウィスキーの割り方、おススメウィスキーをご紹介したいと思います。
つってもまだウィスキー飲み始めて2年くらいだけどな!


最初にこんな事書くのもなんですが、ぶっちゃけウィスキーはどんな飲み方しても美味しいと思います。
まぁおしるこに投入とかそういうアホなのは別として。
ですが最初に飲み始める時用のおススメというかガイドラインとしてご参考にどうぞ。


まず王道なのが水割り。
何はさておきウィスキーと言えばコレでしょう。
ウィスキーそのものを最も楽しめる飲み方と言われてます。
その分配としては「ウィスキー:水=1:1」。
濃いよ!と思われる方は個人的に「ウィスキー:水=1:3」をおススメします。
ちなみに私もほとんど3倍にして飲んでます。
確かに2倍で飲んだ方が香りもいいですし、味もわかりやすいです。
が、2倍で飲んでるとまぁ酒が減るわ減るわ…あっという間に一瓶なくなります。
後述しようと思っていますが、私が普段買っているウィスキーは700mlで1,300~1,800円。
ちょっと少なめのシングルで入れたとしても30mlくらいですから、20杯も飲めばほぼなくなっちゃうんですね。

続いてハイボール。
なんかここのところ妙に宣伝されている飲み方ですね。
でも確かにコレは美味しい。
炭酸のしゅわわーとした面白い喉越しと丁寧な味が楽しめます。
割合としてはコレも「ウィスキー:ソーダ水=1:3」が個人的なおススメ。
何杯か飲んでみてお好みの濃さを見つけるのが良いでしょう。

お次はジンジャエール割り。
これはもうウィスキーというよりカクテルですが、個人的にハイボールを飲むならこっちを飲みますね。
これもお好きな配分を見つけて頂くのが一番ですが、おススメは「ウィスキー2/5、ジンジャエール2/5、ソーダ水1/5」。
ソーダ水をちょっと入れる事でさっぱりした味になって好みですが、まぁーウィスキーとしての味はかなり薄れます。
ですがジンジャエールとウィスキーの味の混ざり具合が好きなので、ウィスキーというよりは一カクテルとしておススメ。

次にストレート。
これは家ではやらないですね、私。
チェイサーを片手にちびちびやる感じ。
容量としてはシングル30ml、ダブル60mlくらい。
チェイサーは水、ソーダ水、薄めのお酒でもなんでも。

お次にロック。
これは氷の種類で結構変わります。
ロックアイスならウィスキーそのものを味わえますし、クラッシュドアイスならしゃりしゃりしててぱっかぱか飲めちゃいます。
が、どちらも酒の減り様がハンパなく早いです。
お財布に優しくなーい!

最後に牛乳割り。
ハァ?という感じの組み合わせですが、バーボンウィスキーと牛乳の組み合わせはやってみると良いと思います。
牛乳のマイルドさがウィスキーの味を引き立たせます。
割合としては「ウィスキー:牛乳=1:3」が良いでしょう。
これも飲みながらお好みの濃さを見つk(ry
ジンジャエール割りに続いてカクテルの一種ですね、コレも。
カウボーイという名称だそうな。
でも牛乳好きとしては「コレなら別々で飲んだ方が美味しいなぁ」と思いますw



作り方としてはどれも似通ってます。
氷はお好みで入れるか入れないか決めてください。
私は薄くなっちゃうので入れません。
ついでに味としても入れない方が美味しいと思います。
氷を入れる場合はまずグラスに氷を入れ、次にウィスキーを注ぐ。
氷にウィスキーをなじませてから割ってください。
氷を入れない場合はウィスキーを入れてから割った方が容量としてわかりやすいと思います。



はて割り方はわかったものの、ウィスキーってどれ買えばえぇねんって人もいるでしょう。
確かにスーパーとかのお酒売り場に行ってウィスキーを買おうとしても、どれ買っていいかわかんないですよね。
なので今回は、私が家に買い置いているウィスキー3種類をご紹介します。
当たり前ですが紹介する3本、どれも大好きです。


まず「ジャックダニエル」。
居酒屋とかで一番良く見かけるウィスキーだと思います。
ブレンデッドのテネシーウィスキーで、味の主張がしっかりしてます。
ジャックダニエルブラックだと700mlで1,800円くらい。
ちょっと他の2本に比べるとお高いですね。

次に「フォアローゼス」。
ブレンデッドのバーボンウィスキーで、滑らかな味が特徴です。
お酒が好きな女性が良く飲んでるかも知れない…いや、広告のイメージなだけですけど。
700mlで1,300円くらい。

最後に「オールモルト」。
日本製のウィスキーで、その名の通りモルトウィスキー。
他の2本に比べてちょっと特徴的な味わいがある一品。
ちなみにうちの親父の愛飲品。
これも700mlで1,300円くらい。


割るものは何でもいいんですが、私はソーダ水もジンジャエールもカナダドライのものを愛用してます。
こういうの、メーカを揃えたくなる性分なんです。
牛乳は明治の「おいしい牛乳」を使ってますが、もしかしたら濃いのがいいとか薄いのがいいとかあるかも。

whisky001




とまぁ、長々と紹介して来ましたがいかがでしょうか。
私は書いている途中から飲みたくて仕方がありませんw
外では飲むけど家じゃ飲まないなぁ、という人も、
いやビールだろJK…という人も、

たまにはウィスキーでもどうですか?

whisky002.jpg

2011/06/01(水)_18:48 その他 Comment(0) Trackback(0)

Comment Post














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

カウンター

カレンダー

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。